ナイアシン欠乏症の「ペラグラ」とは!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

トウモロコシ

 

イタリア語で【荒れた皮膚】を意味する「ペラグラ」は、18世紀のイタリア、南フランス、ポルトガルで大流行し、多くの人たちを苦しめました。

ペラグラは、激しい皮膚炎や慢性的な下痢、そして脳障害から認知症に至る「ナイアシン欠乏症(ニコチン酸欠乏症)」の一つになります。

現存する記録の中では【1735年にスペインで発症した記録】が最も古く、当時では「バラ病」と呼ばれていました。

その後イタリアでも大流行し、19世紀には【ヨーロッパ全域で発症】するようになりました。

20世紀初頭に入ると、「アメリカの南部で爆発的にペラグラが流行」し、「年間20万人が発症、1万人が死亡する」という凄まじい記録も出ています。

この病気は、古くから「トウモロコシを多く食べている地域で多発」していました。

それは、トウモロコシをひいた粉を主食とし、ほかの食物を摂取していない【偏った食生活が日常的に続けられていたのが原因】のようです。

ナイアシン(ニコチン酸)はタンパク質を含む食品に多く、カツオやサバ、レバー、豆類 、コーヒーなどの食材に含まれています。

また、体の中でも「トリプトファン」というアミノ酸と、ビタミンB2、ビタミンB6から生合成することができます。

トウモロコシにも、【ニコチン酸は比較的多く含まれていますが、トリプトファンが少ない】ので、主食が「トウモロコシだけの生活だと、ニコチン酸を補うことが出来ずペラグラに罹ってしまった」のです。

アメリカの公衆衛生局に勤務していた医学者ゴールドベルガーが、1926年に食物に含まれるペラグラ予防因子を【ビタミンPP】と命名しましたが、1937年にコンラッド・エルヴェージェムによって、その物質がナイアシンであることが判明しました。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ