ビタミンD欠乏のくる病は・・・!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

お日様

 

骨が軟化することでやわらかくなってしまい【背中や足が曲がってしまう】病気の「くる病」は、カルシウムの吸収や骨の形成に必要な【ビタミンDの欠乏】が原因です。

くる病の歴史は意外と古く、一説には「紀元前からある病気」とも言われています。

17世紀では、ロンドンの貧民街でもくる病の大流行があり、「英国病」とも呼ばれたこともあります。

ビタミンDは「日光の紫外線を浴びると皮膚で合成される」ので、くる病は「北欧などの冬の日照時間の短い地域で多発」していますが、

イギリスでは

「19世紀末の産業革命に伴っての大気汚染で、紫外線が遮られてしまった」

ことによって、流行に拍車がかかってしまいました。

魚のタラの肝油に含まれている【くる病の予防因子】を発見した英国の研究者が、1922年に「ビタミンD」と命名しました。

また、1925年にはアメリカのA・ヘスらが、「紫外線の刺激を受けて、ビタミンDは皮膚で合成される」ことを発見したことで、くる病はビタミンD欠乏症だけでなく「紫外線欠乏症」でもあることが明らかとなりました。

これは、A・ヘスらの研究チームが、「くる病のネズミに紫外線を照射した食品を食べさせたところ、たちまち、くる病が治った」ことにより、判明したそうですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ