別名「タバコ病」の肺気腫には!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

せき

 

肺の中にある肺胞の細胞が壊れることにより【肺が膨れ上がり呼吸が困難になってしまう病気】に、「肺気腫」があります。

体内に取り入れた空気が肺の中から吐き出せずに残ってしまうので、「呼吸困難に陥ってしまう」ようです。

実は、「この病気にかかる人の大部分がヘビースモーカー」の方なので、別名【タバコ病】とも言われています。

肺には「肺胞と呼ばれるとても小さな風船」が三億個もあって、ブドウの房のように集まっています。

私たちの体を維持していくためには酸素が必要なのですが、「肺胞は血液の中に酸素を取り込み、不要になった二酸化炭素を出す」という大切な役割を担っています。

ところが、タバコや大気汚染などの有害な気体を吸い込み続けていると、肺胞の細胞が壊れて弾力性がなくなり、肺胞同士が潰れてくっつき合います。

すると、やがて肺に空気がたまり出し、膨れ上がったまま戻らない状態になるのです。

それにより、【膨れ上がった肺が気道を押しつぶしてしまう】ため、呼吸がスムーズに出来なくなってしまいます。

「健康な肺では、ゴム風船のように空気を吹き込むと自然に小さくなる」のに対して、【肺気腫の肺は紙風船のように息を吹き込んだままでは、小さくなりません】。

こうなると、息を吐き出しても空気が肺に残るので新たに息を吸い込みづらくなります。

肺胞の破壊が進んでしまうと、「酸素と二酸化炭素のガス交換がしにくくなって肺の機能が衰えてしまい、心臓にも悪影響を及ぼし」てしまいます。

また、【咳や痰が出て痩せてしまう】などの症状もあります。

治療には「まずは、禁煙」が鉄則で、呼吸筋のリハビリテーションのほか、気管支を拡張する薬や痰をとる薬などが処方されます。

最近では、肺の気腫化した部分を縫い縮めて肺を小さくし、呼吸筋を動きやすくする「肺容量減少手術が注目を集めている」そうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ