腎炎には・・・。  | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

紙コップ

腎炎は、さまざまな原因で【血液の濾過器である腎臓の糸球体に炎症がおきる病気】ですが、症状として分かるよりも「尿検査で発見される」事が多いです。

腎臓は血液を濾過して老廃物を尿として排出するだけではなく、【余分な水分や塩分を排出して体内の水分量を一定に保ち、血圧を調整する役割】があります。

これらの作業を行うのが、腎臓の「糸球体」と「尿細管」と呼ばれる部分です。

濾過器の役割を持つ糸球体は、【毛細血管が糸鞠のように】なっていて、身体では二つの腎臓に約二百万個あります。

この「糸球体に炎症が起きる」のが、腎炎です。

急性の喉頭炎や扁桃腺炎、インフルエンザなどの病気に感染した後、二週間前後の潜伏期間をおいて異常に気づくことが多いと言われています。

これが【急性腎炎】で、

症状は
コーラのような血尿やタンパク尿、
むくみ、
高血圧、
そして尿量が減少する

こともあります。

血尿は、「糸球体が壊れて起こる」ものですが、肉眼ではわからないケースも少なくありません。

とくにむくみは、【目の周りから、進行するにつれ足に移行する】のが、特徴の一つです。

一年以上にわたって、尿検査の異常や高血圧が持続する状態を「慢性腎炎」と、呼びます。

慢性腎炎は【腎臓病の中でもっとも多い病気】ですが、自覚症状がないことも多く、健康診断の尿検査で偶然発見されることが多いそうです。

しかし、放置しておくと「次第に腎機能が低下して腎不全となり、腎臓移植や透析治療を余儀なくされる」こともあります。

急性腎炎の治療は、【安静と塩分、水分、カリウムの制限などの食事療法が中心】となり、薬は降圧薬や利尿薬が用いられることがあります。

慢性腎炎も、「生活指導や食事療法、薬による治療が中心になる」そうですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ