カラスの行水、なんと実は・・・!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

お風呂

 

入浴したと思ったらすぐに出てくる人」を、昔から【カラスの行水】と呼んでいます。

でも、「実際のカラスの行水」を目にしたことはありますか?

イメージ的には、バシャバシャと水をちょっとだけ浴びて【はい、終了】という感じがしますが、実際はそうではなく、「少し丁寧に時間をかけて、水浴び」をしています

鳥の羽毛は軽くて丈夫に出来ていますが、とてもデリケートなので、【少しでも手入れを怠ると、すぐにボロボロ】になってしまいます。

そうなると、「飛翔能力だけでなく保温性も落ちてしまう」ので、生死に関わってしまいます。

そのため、【鳥は、水や砂を浴びて羽の汚れを落とすメンテナンスを欠かせない】のです。

繊細で傷つきやすい羽毛には、「脂がついているので、ホコリなどの汚れが付きやすいもの」ですから、水を浴びて羽毛を清潔に保たなければ、防水や保湿性能に悪い影響を与えてしまい、死に結びついてしまいます。

また、鳥の種類によっても【水浴びの仕方は、様々】です。

海外に棲むカモメ類は、午後遅くなると、まるで「お風呂屋に行くように、近くの淡水の湖などに水浴び」に行きます。

これは、【海水の塩分を洗い流すために行っている行動】と考えられています。

ツバメは、川や池の水面ギリギリを滑空しながら、「ときどき水に体を接触させて、水を浴びる」という、【アクロバティックな入浴法】をします。

シジュウカラやホオジロなどの小鳥やハト類などは、「足の届く浅い水に入って、バシャバシャと体を震わせながら入浴」します。

飛び込みが得意な鳥では、【水浴びも、飛び込み型】になっています。

水浴びが終わったあとは、「じっくりと丹念に時間をかけながら、くちばしを使いながら羽を丁寧に整えながら汚れを落とす」ことで、本来の性能を維持することが出来るようです。

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ