椎間板ヘルニアって。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

椎間板ヘルニア

 

椎間板ヘルニアは、椎間板が変性してしまい、「髄核が繊維輪を破って飛び出す事で、神経を圧迫してしまう病気」です。

椎間板の【クッションとしての弾力性の低下と、外部からの強い圧力】が、引き起こす原因と言われています。

背骨は、「椎骨という短い骨が積み重なって」出来たものですが、椎間板はそれぞれの椎骨に挟まれるクッションで、【水分を一杯含んだゼラチン状の髄核と、それを取り巻く繊維輪という軟骨組織】から出来ています。

弾力があるので、椎骨にかかる圧力を和らげる役割を果たしています。

ところが椎間板は、「年齢とともに髄核の水分が減って弾力性がなくなってきます」。

そこへ、過激な運動や前屈みの姿勢などの強い圧力がかかってくると、髄核が外へ押し出されてしまいます。

髄核が、【背中側に飛び出してしまう事で神経を圧迫し、さまざまな症状を引き起こす】のです。

これが「椎間板ヘルニア」で、起きる場所には【首】と【腰】があります。

首に起きる「頸椎椎間板ヘルニア」の症状には、首や肩、片側の手の痛みや痺れ、脱力感があります。

進行すると、両手や下半身にまで痛みや痺れなどが及び、足が突っ張ったり、歩きにくいなどの症状を起こすこともあります。

腰に起きる「腰椎椎間板ヘルニア」は、20~40代の男性に多く見られるようです。

腰痛、片側の足の痛みや痺れ、殿部から脚の裏側に痛みが走る【座骨神経痛】の症状が現れます。

仰向けに足を伸ばした状態で寝て、片足を持ち上げてもらうと、「健康な人は、足と床が直角になるまで上がります」が、腰椎椎間板ヘルニアの人の場合は、【痛みで上がらないのも特徴の一つ】です。

治療には手術と、手術をしないで症状を緩和する保存療法があります。

安静やコルセット、薬、注射、骨盤の牽引や温熱療法、マッサージなどの保存療法で、ほとんどの症状が改善します。

改善しない場合には、「背中を切開してヘルニアを摘出する手術などが検討される」ようです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

 

コメントを残す

このページの先頭へ