三種類に分けられる、大動脈瘤は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

悪魔のあやつり人形

 

大動脈瘤は、「全身に血液を運ぶための大動脈が、コブ状に膨らみ、突然破裂する危険のある病気」です。

大動脈は、【全身に血液を送るための一番太いパイプ】です。

心臓から出発した大動脈は、まず頭側に向かって進み、弓なりにカーブを描きながら、頭や腕に向かう血管を出したあと、胸の中を下に向かっていきます。

横隔膜を抜けてお腹の中に入り、「お臍の下の部分で両足へと向かう、二本の動脈に分かれます」。

横隔膜の上にある大動脈を【胸部大動脈】、
その下から二股に分かれるまでの大動脈を【腹部大動脈】

と呼びます。

「心臓から直接血液が送り出された血液が通る」ので、大動脈には強い圧力がかかります。

動脈硬化などで血管の壁が脆くなっていますと、やがて大動脈の一部がコブのように膨らんできます。

この状態を【大動脈瘤】と言い、コブが破裂すると体の中で大出血が起こります。

同時に強烈な胸痛や腹痛が起きてしまうと、ショック症状に陥ることもあります。

大動脈の壁は通常、

内膜、
中膜、
外膜

の三層構造になっていて、壁の構造によって「大動脈瘤は三種類」に分けられます。

一つは【真性】で、動脈の壁全体がコブを作り、「多くは破裂しない限り」症状はありません。

2つ目は【解離性】で、突然、「大動脈の内膜が裂けて、その裂け目から血液が流れ込み、中膜を引き裂いてコブができるもの」です。

三つ目の【仮性】は、「大動脈の壁の一部が三層とも欠け、そこから漏れた血液が周りの組織を圧迫して、コブができるもの」です。

治療は、動脈瘤が破裂した場合は、緊急手術が行われます。

症状がなくてもある程度の大きさの動脈瘤は、切除して【人工血管に置き換えたり、ステント留置などの方法が検討】されるようです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ