経産婦や高齢者に多い!?下肢静脈瘤は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

肥満

 

下肢静脈瘤は、「足(とくにふくらはぎ)の静脈が異常に膨れて、蛇行した状態になる病気」です。

立ち仕事の人のほかにも、【妊娠を経験した女性、高齢者や肥満の方に多い】ようです。

足のふくらはぎの静脈が太く浮き出ることで目立つ「下肢静脈瘤」は、女性に多く、美容上の問題で悩んでいる方も多くいらっしゃいます。

それ以外にも、

足が痛んだり、
むくんだり、
だるくなったり、
火照ったりする症状を訴える人も…。

症状が重くなると、さらに静脈の血管が膨れて蛇行し、【皮膚炎や色素の沈着が起こり、潰瘍になる】こともあるそうです。

この下肢静脈瘤の原因は、「足の静脈内にある弁の故障」です。

足の血液は、静脈を通って心臓に戻っていきますが、静脈には、血液が重力に負けて足のほうに逆流しないために、【薄い膜のような弁】が付いています。

ところが弁が壊れると、「足の下のほうに血液がよどんで溜まってしまう」ので、静脈がコブのように膨らみます。

弁が壊れる原因については、詳しいことは分かっていないようです。

しかし、

立ち仕事の人や妊娠を経験した女性、
高齢者や肥満の人に静脈瘤が多い

というデータがありますので、これらの要因が静脈を押さえることにより、【足の静脈の血液が停滞し、静脈が拡張する事で弁が壊れるのではないか】と考えられています。

また、親族が下肢静脈瘤の場合、「発症の頻度が高くなる」とも言われています。

下肢静脈瘤の治療は、【保存治療】と【手術治療】があります。

軽症の場合は、

寝るときに足を高くして眠ったり、
医療用の弾力ストッキングなどを使ったり

して、静脈瘤のなかに血液が溜まらないようにする方法があります。

ただし、進行を防ぐ効果はありますが、治す効果は期待できません。

症状がひどい場合は、手術で静脈を抜去します。

最近は、「血管を固める薬を、静脈瘤の場所に注入する治療法も行われている」そうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ