多発性骨髄腫は、複数の病変を起こしている!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

青空

 

多発性骨髄腫は血液のがんの一つで、「骨の中の骨髄にある【形質細胞】が、がんになる病気」です。

ちなみに、多発性とは、「診断時にすでに複数の病変を起こしていることが多い」ことから、このように呼ばれています。

私たちの血液には、

赤血球や白血球、
血小板、
リンパ球

など、さまざまな細胞が存在しています。

その中で「形質細胞」と呼ばれる細胞が、がんになって起きるのが【多発性骨髄腫】です。

形質細胞は、主に骨髄に存在し、「免疫グロブリン」を作って体を異物から守っています。

免疫グロブリンは、リンパ球の一種である【B細胞】が、病原性の微生物などを排除するために作り出す抗体です。

抗体は外敵である細菌やウイルスを攻撃する物質ですが、このがん化した形質細胞は、免疫グロブリンの一種である「Mタンパク」という異常な抗体を作り続け、体に悪影響を及ぼすのです。

たとえば、肺炎などの感染症や血液の循環不全、腎臓等に沈着して腎機能障害を起こすこともあります。

また、【がん化した形質細胞が骨髄の中で増殖すると、他の血液細胞の生産を抑え、赤血球や白血球、血小板が減って】しまいます。

このため、

貧血を起こして息切れや頭痛、
脱力感、
免疫力の低下、
出血しやすい、

などの症状が現れます。

また、形質細胞が周りの骨を破壊しながら増えるために、「全身の骨が弱くなって骨折しやすくなります」。

さらに、骨が溶け出すことによって血液中のカルシウム量が増加し、【意識障害などさまざまな症状が引き起こされることも】あります。

治療は、抗がん剤による化学療法と放射線治療、血漿交換療法などが行われます。

最近では、「造血幹細胞移植」などの新しい治療法が次々に登場してますので、期待が持たれています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ