20~30代の女性に多い、全身性エリテマトーデスは・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

蝶

 

全身性エリテマトーデスは、「免疫の異常によって全身の多くの臓器に障害が起きる慢性の病気」で、若い女性に多く見られます。

【両頬に蝶が羽を広げたような紅い斑点】と、【全身の倦怠感】も症状の一つになります。

全身性エリテマトーデスは、膠原病(こうげんびょう)の中では関節リウマチの次に多く、「我が国には3万人の患者がいる」と推定されています。

膠原病は、【皮膚や関節、筋肉などの結合組織や血管などの炎症】によって、全身の組織に障害が起きる病気です。

関節リウマチ同様、自分の正常な細胞や臓器に対して免疫が働くために起きる「自己免疫疾患」で、その詳しい原因は分かっていません。

全身性と呼ばれるように、

心臓、
腎臓、
肺、
皮膚、
関節

など、全身の多くの臓器に障害が出るのが特徴です。

20~30歳代に多く見られ、「患者の約9割が女性」だそうです。

発症には、

性ホルモンや遺伝、
ストレス、
紫外線

などが、関係していると考えられています。

この病気になりますと、

初めは全身の倦怠感や発熱、
食欲不振、
体重の減少

などの症状が現れます。

また、【両頬に蝶が羽を広げたような紅い斑点】が出てきます。

ちなみにエリテマトーデスとは、「紅い斑点」の意味になります。

ほかにも、

関節痛や関節炎などの関節症状、
尿タンパクやネフローゼなどの腎症状、
肺炎などの肺症状、
心内膜炎などの心臓症状、
貧血などの血液症状、
口内炎や胃、
十二指腸潰瘍などの消化管症状、
痙攣、神経症などの神経症状

など、さまざまな障害が見られます。

これらの症状は多くの場合、慢性的に経過して「良いとき(寛解)」と「悪いとき(再燃)」を交互に繰り返します。

日頃から、【紫外線、感染症、ストレスなどに気をつけたライフスタイル】が求められています。

治療は、

非ステロイド性抗炎症薬、
副腎皮質ステロイド薬、
免疫抑制薬

などが、患者さんの症状を勘案し、組み合わせて用いられています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ