【アセチルコリン】の異常で起こる、重症筋無力症は…。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

体操

 

重症筋無力症は、「神経と筋肉の接点の異常によって筋力が落ち、疲れやすくなる病気」です。

筋肉は、物を持ったり、歩いたりなどの、【全ての身体活動の原動力】となる器官です。

私たちが筋肉を動かそうとするとき、脳から「筋肉を動かせ」という指令が走ります。

すると、運動神経の興奮がおき、運動神経の末端から【アセチルコリン】という化学物質が、分泌されます。

それが、筋肉にあるアセチルコリンの受容体に働くことによって、「筋肉が収縮し、思った通りに体を動かせれる」のです。

ところが、【神経から筋肉への伝達ルートが途切れてしまうと、筋肉の収縮を起こすことが出来なくなります】。

重症筋無力症は、

この神経と筋肉の接点で、
アセチルコリン受容体を攻撃する抗体ができ、
受容体が破壊される自己免疫疾患

の一つになりますが、その詳しい原因は分かっておりません。

症状は、神経の命令を細胞に伝えるための伝達物質である「アセチルコリンが筋肉細胞の中に入れなくなるために、体を動かしづらく」なります。

手や足ばかりでなく【全身の筋肉が低下】して、

まぶたが下がったり、
うまく噛めなくなったり、
顔の表情がうまく作れなくなったりします。

著しい疲労感とともに、「夕方になると症状が悪化するのが特徴」になります。

さらに悪化しますと、呼吸ができなくなることもあります。

どの年代でも発病しますが、【女性の方が多い】と言われています。

免疫に関係する胸腺の異常が見られるケースが多いことから、「発病に胸腺が関係しているのではないか?」とも考えられています。

治療は、

胸腺の摘出手術やステロイド薬、
免疫抑制薬、
血液浄化療法

などがあり、年齢や重症度、胸腺異常の程度によって【治療法が選択される】との事です。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ