環境汚染されていない「お肉の選び方」は!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

畜産

 

食卓にのぼる肉類の不安要素としては、ダイオキシンなどの環境汚染のほかにも、

肉を柔らかくするための「女性ホルモン剤」や
病気の予防に使われる「抗菌性物質」、
そして【飼料の残留農薬】

などの問題があります。

一番安全な肉は

「和牛」
「地鶏」
「黒豚」

と言われています。

牛肉において一番安心なのが「和牛」ですが、実は

「和牛=国産牛」

ではありません。

よく勘違いされるのですが、両者は【まったくの別物】になります。

「和牛」と名乗れるのは、

1.黒毛和種、
2.褐毛和種、
3.日本短角種、
4.無角和種

の【4種類だけ】なのです。

どうして和牛が安心かというと、それは

「与えるえさや薬を徹底管理して、食肉用に飼育している」

からです。

よく〇〇牛と、地域名が記載されているものがありますが、これは

【地域銘柄牛】

と呼ばれるもので、和牛とは別物なのです。

地域銘柄牛の中には、肉質を柔らかくするために女性ホルモン剤などを使用しているケースもあるそうですが、ブランド牛としてこだわって管理・生産しているところが多く、「比較的安心して食べることが出来ます」。

他にも「国産」とだけ書かれた国産牛がありますが、これらは「和牛」や「地域銘柄牛」と比べると

【やや不安のある牛肉】

ということになるそうです。

また、輸入牛では飼育環境がわかりづらく、「抗菌性物質や女性ホルモン剤を多量に使っている疑い」が拭えません。

鶏肉を選ぶ時には、厳しい飼育基準をクリアしている

【地鶏】

が一番安心です。

よく「上州赤鶏」や「地養鶏」と表記してある「銘柄鶏」と混同してしまいそうですが、【銘柄鶏にはこれといった明確な基準がない】のだそうです。

従って、お墨付きというわけにはいきませんが、「銘柄牛」と同様で、【ブランドとしてこだわって生産している場合が多い】ので、比較的安心に食べることが出来ます。

「国産」だけの表記の鶏も、国の定めに従って飼育したものですので、輸入鶏に比べ安心ですが、地鶏や銘柄鶏と比べては心もとないです。

豚肉で最も安心なのが、

【黒豚】

です。

「国産」、「輸入」と表示されているものは、【牛や鶏の場合と同じ】と考えれば良いそうです。

ちなみに、家畜の体内に潜む毒は【主に脂肪に溜まっている】そうですから、ロースよりもヒレといった

「低脂肪や脂身の少ないものが良い」

ようですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ