【エイズ・ウイルス】の起源として・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

新天地

 

「エイズ・ウイルスの起源」について、ようやく推測ができるようになってきました。

1985年に、ハーバード大学の【M・エセックス】と【P・J・カンキ】らが、中央アフリカに生息している野生のアフリカミドリザルから、エイズ・ウイルスに似たウイルスを発見しました。

このウイルスは、「STLV-3」と名付けられました。

さらに、野生の健康に生活しているアフリカミドリザル67匹の血液を調べたところ、その40%の【27匹にウイルスの抗体】が見つかりました。

その後、同じ研究チームでは、「西アフリカの健康な人から、STLVー3によく似たウイルスを発見」しました。

このウイルスは、【STLVー4】と名付けられましたが、人に感染しても病原性はありませんでした。

同じ地域で、今度はパスツール研究所とスエーデンの研究チームにより、人の血液からHTLVー4よりも、「エイズ・ウイルスに似ているウイルスを2種類発見しています」。

これらは、

LAVー2、
SBL

と名付けられました。

これらのウイルスは、【人に感染すると免疫不全を起こします】。

ひとつの仮説として、

「エイズ・ウイルスは、元々ミドリザルの体内で何も悪さをせずに、マイルドに寄生していたウイルスが、ある時、突然変異を起こして人に感染できるようになりました。
感染した当初は、人に対しても病原性は示さなかったが、さらに【変異を起こし人に害を加えるようになり、西アフリカからアフリカ中央地帯で、風土病として留まっていた】。
ところが1970年から80年にかけて、さらに変異を起こし、現在のエイズ・ウイルスが誕生したのではないか。」

と言われています。

仮説を裏打ちするような事実が、85年の末に、【アメリカ国立アレルギー・感染症研究所を中心とする研究者らによって見つけられました】。

それは、

ニューヨーク、
アラバマ、
ザイール

にいるエイズ患者から抽出したエイズ・ウイルスの遺伝子をよく調べたところ、たくさんの異型が出てきました。

このことにより、「エイズ・ウイルスがとても変異しやすいことが分かりました」。

1960年から70年にかけて、多くのハイチ人が、【ザイールに出稼ぎ】に訪れました。

さらには、「ザイールから黒人がハイチにやって来た」という歴史的状況もあります。

このようにしてハイチに広がり、【観光や移民などの人々の往来で、アメリカにエイズが伝わった】と、考えられています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

 

コメントを残す

このページの先頭へ