【手当て】の由来には・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

ハート

 

お腹が痛いときに、

「無意識にお腹をさすっていた」

という経験はありませんか?

人は痛みがある時、痛いところを無意識にさすろうとします。

そして、痛いところをさすればさするほど、【実際に痛みが軽減することがあります】

この痛い部分をさするという行為は、身体の中に存在する

「疼痛回避システム」

を賦活させているからなのです。

「さする」という行為は、脊髄において痛みの「抑制システム」を賦活させると考えられています。

この理論はMelzackとWallが1965年に発表したもので、【ゲートコントロール説】と呼ばれています。

この説によれば、脊髄後角には

傷みの門番としてゲートを守る「膠様質細胞」(SG)と、
中枢に情報を伝える「T細胞」

があります。

傷みを伝えるAδ線維やC線維などの細い神経線維が興奮すると、【門番であるSG細胞が抑制されるためにゲートが開き、T細胞を介して傷みが脳へと伝わります】。

しかし、触覚なとを伝える太い神経線維(Aβ線維)が興奮すると、「門番であるSG細胞を興奮させてゲートを閉じる」ため、T細胞には情報が伝わらないので、痛みを脳へと伝えることが出来ないとされています。

その後、SG細胞の抑制を行う場所が、T細胞に入る前(シナプス前抑制)ではなく、【T細胞そのものを抑制する】ことが分かりました。

一部修正されましたが、この考え方は今でも

「手でさする事で、痛みが治まる」

説明として、使われています。

ちなみに、「手当て」という言葉は、【痛いところに手を当てて、痛みをやわらげる】仕種から生まれたそうですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ