2種類ある【顎の関節雑音】は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

不調

 

顎の関節雑音には、「クリック音」と「クレピタス音」があります。

クリック音は、乾いた弾けるような音で【弾撥音】とも言います。

これは「関節円板のずれに関係する音」で、痛みがありません。

このクリック音だけが有るという人は、【日本人の全人口15~16%は居る】と見積もられています。

この音を消すには手術療法しか無いそうですが、顎関節症治療の世界的潮流では、このクリック音以外に症状がない患者に対しては、治療する必要性はないと考えられています。

深刻に考える必要のない例をあげれば、

首や肩を回したり
膝の屈伸運動

をすれば、程度の差こそありますが、「誰でも関節の鳴る音が聞こえる筈」です。

それどころか、自らの指を鳴らしたり、首を振って音を出したりする人もいますが、

指や首の関節の音がしたからといって、整形外科を受診する人はまずいない

と思います。

では何故、顎関節の音だけが気になるのでしょうか?

答えは簡単で、「顎関節は音を鼓膜から内耳に伝える耳小骨が納まっている中耳のすぐ前」にあります

したがって、顎関節で起こった音は、【敏感に中耳に伝わってしまうため】です。

そのため、「痛みを伴わない関節雑音だけの症状でも、気になる人が多い」ようです。

手術によって、音の原因となっている関節円板を元に戻して音を消すことは出来るのですが、関節雑音が出る噛み癖などの原因が解決されない限り、しばらくするとまた関節雑音が出てきます。

このような手術後の経験から、世界中の顎関節症の専門医は、

関節雑音以外の自覚症状のない患者の手術はしなくなった

そうです。

もう一つの音として、クレピタス音があります。

こすれるような音がするので、【軋轢音】(あつれきおん)とも言います。

これは、顎関節症がある程度進行し、「顎関節の骨や関節円板の変化が進んだ段階」で出てきます

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ