DNAの構造は? | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

乳児

 

DNAは「デオキシリボ核酸」の略称で、【ヌクレオチドが結合して出来た物質】を指します。

ヌクレオチドは

塩基、
糖(デオキシリボース)、
リン酸

が結合したものです。

塩基には

A(アデニン)、
T(チミン)、
C(シトシン)、
G(グアニン)

の4種類があり、

AとT】、
【CとG】

は相補性により結合して、2重らせん構造を形成します。

ヒトでは、この「ヌクレオチド」が60億対連結して、鎖状となっています。

どの生物でも同じ構造のヌクレオチドを持っていますが、【A・T・C・Gの並び方(塩基配列)が違う】ため、異なる生物となります。

私たちが毎日食べている肉や魚、野菜、お米は「細胞から出来て」います。

もちろん核の中にDNAが含まれていますが、【他の生物のDNAを食べても大丈夫なのは、どうして】でしょうか?

実は食物中のDNAは、

「消化酵素ヌクレアーゼでヌクレオチドに分解されてから吸収される」

ので、食物中のDNAが私たちの身体に影響を及ぼすことはありません。

塩基は構造の違いにより、

プリン塩基(グアニンとアデニン)
ピリミジン塩基(シトシンとチミン)

に分けられます。

プリン塩基(プリン体)は、肝臓で分解されると尿酸となり、痛風の原因となります。


ウニや白子、ビールの材料となる麦芽などの、細胞分裂がさかんに行われている細胞にはDNAが多く含まれているため、プリン塩基も多いのです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ