動物などにつくらせた抗体利用の【血清療法】は…!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

点滴

 

ワクチン療法は、「記憶細胞」が出来るまで時間がかかりますが、一刻を争う場合にはどうすれば良いのでしょうか?

有効な手段としてですが、動物などにつくらせた抗体を利用した【血清療法】があります。

抗原を動物に注射して免疫反応を起こさせ、「ウサギ」や「ヒツジ」、「ウマ」などの動物に抗体をつくらせるのです。

そして、出来た抗体を利用すれば良いのです。

抗体は血清の中に含まれているので、【動物から採血をした血液の血清を保存】しておきます。

そして、病原体が人体に侵入してきた時に、「抗体入りの血清を注射すれば良い」というわけです。

血清療法では、

【抗体が体内の抗原と反応して、速やかに排除される】

ので、即効性が期待できます。

血清療法は、

ヘビ毒や
ジフテリア菌、
破傷風菌

などがつくった「毒素」を体内から排除するときなどに利用されています。


ワクチン療法でつくられる記憶細胞が【一生保持される】のに対して、
血清療法では「持続性のない一時的なもの」になります。

なぜなら動物の抗体は、【私たちヒトにとって非自己なモノ】だからです。

注射した抗体に対して免疫反応が起こり、抗体が排除されるので、治療のつど血清を注射する必要があります。

しかし、注意点として、「同じ抗体を2度接種する事の危険性」があります。

一度目にウサギの抗体を注射した場合、ウサギの抗体に対する記憶細胞がつくられるので、2度目もウサギの抗体を注射すると【二次応答が起こり、急激な免疫反応が起こってショック症状が起こる】ことがあります。

ショック症状の程度には個人差がありますが、激しい場合には、死に至ることもあるのです。

そのため、1度目にウサギの抗体を使用したのならば、次はヒツジ、その次はウマ…といったように、「抗体をつくらせる動物を変える」必要があります。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ