「体温+4℃」の入浴が…。

お風呂

免疫力を高め健康的に暮らすためにも、体温をあげることが大切ですが、
一番手っ取り早い方法として

「入浴」

があります。

昔からの健康法として、お風呂に入って体をよく温めると言えば「温泉」があります。

温泉場に行って療養することは、気分転換や森林浴など、
さまざまな面で効果的なのですが、家庭での入浴も「毎日できる身近な健康法」として忘れることは出来ません。

「ぬるめのお湯に、ゆったり入る」

という入浴が、「効果的な入浴方法」だとよく言われています。

それは、

「熱い湯に入ると、交感神経が刺激されて、心身が興奮してしまう」

からなのです。

朝、目を覚ましたいときなら、熱いお湯でもかまわないのですが、

「健康維持の目的」や「病気回復の目的」

のためにも入浴してもらいたいのですが、交感神経が刺激されてしまうのは逆効果となってしまいます。


ポイントとしては、湯船に入った瞬間に「気持ちがいい」と感じるぐらいの温度が、ちょうどリラックスできるようです。

心地よく感じる温度は人それぞれ違っていますが、だいたい「体温+4℃」がもっとも快適に感じる湯温だそうです。

4℃の落差が、心地よさを感じるだけでなく、副交感神経の働きを誘うことが出来るのです。

一般的には、40~42℃ぐらいの湯温が適温と言われていますが、

これは「36~37℃の体温の健康な人」が入る場合になります。

ですから、35℃しかない【低体温】の人にはとても熱く感じてしまいますから、
39℃前後のお風呂をオススメします。

家族によっては「快適と思える温度」が違う場合もあるでしょうから、熱い湯が快適と感じられる人から先に入浴するなどの調整をして、ご自分に合った入浴を心がけてみて下さい。

=========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するらくラク整体

愛知県一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

TEL:0586-73-1919


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい

=========================

コメントを残す

このページの先頭へ