「突発性過眠症」や「反復性過眠症」は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

あくび

 

過眠症には、ナルコレプシーのほかに「突発性過眠症」と【反復性過眠症】などがあります。

突発性過眠症が発症するのは、「10代から20代前半にかけて」と言われています。

夜間の睡眠は普通で、

【日中にナルコレプシーと同じような睡眠発作を起こすもの】
「夜間の睡眠が極端に長く日中の睡眠も長いもの」

などがあります。

いずれも、ナルコレプシーのように入眠直後にレム睡眠に入る事はなく、情動脱力発作もありません。

ナルコレプシーに近いタイプは、【薬の効果が良好】で、比較的少量で眠気を抑える事が出来ます。

一方、夜間の眠りも日中の眠りも長いタイプは、「夜間は10時間以上眠り続けます」。

日中は、【いったん眠りに入ると、1~4時間続く】事もあるそうです。

薬の効果も不十分で、今後の研究が待たれる病気になります。

反復性過眠症は、ふだんは健常者と全く変わらない生活を送りますが、「1年に数回3~10日間くらい、1日に16~18時間眠り続けます」

この間に、

食べたり、
トイレに行ったり、
人と話す事もある

のですが、【記憶はほとんどありません】

原因ははっきりわかっていませんが、「10代に発症するケースが多く」、【風邪、疲労、深酒などがきっかけで起こる事が多い】ようです。

治療には、躁うつ病の予防に使う「炭酸リチウム」という薬を使います。

いつ発作が起こるか予測が出来ないので、薬を常に服用しなければなりません。

薬を服用している限りは発作は起こりませんが、完治するかどうかは個人差があります。

【30歳を過ぎると自然治癒することが多い】ので、20代までは薬の服用を勧めている様です。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ