肝臓生まれの「胆汁」の旅は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

分子

 

肝臓で作られた胆汁が、胆嚢を経由して十二指腸内に出されるまでの流れ道のことを

胆道

と言います。

肝臓内部の肝細胞でつくられた胆汁は「肝管」を通って、肝臓から出てくる

「左肝管」
「右肝管」

に集められます。

二本の肝管は、肝臓から出てからは、一本の「総肝管」となります。
この総肝管の途中に、胆嚢へと続く道「胆嚢管」があります。

胆嚢管の先には胆嚢があって袋小路になっています。

総肝管と胆嚢管が合流したあとは、「総胆管」となって十二指腸までつながっています。

胆嚢は、肝臓で作られる胆汁を一時的にためておく臓器です。

一番大きな内臓である肝臓に比べるとずっと小さく、10センチほどの袋になります。

内部には、50cc前後の胆汁が溜められます。

この小さな胆嚢の袋が、肝臓の下側のへこんでいる部分に、はめ込まれる様にしてぶら下がっています。

なぜ、胆汁は胆嚢に溜められるのでしょうか?

それは、胆汁に含まれる胆汁酸が、

脂肪の消化を助ける消化液だから

なのです。

食事で摂った脂肪分は、小腸で吸収できるように消化・分解しなければなりません。

脂肪の分解には、膵臓でつくられて十二指腸に分泌される「リパーゼ」という酵素が活躍しますが、リパーゼだけでは脂肪は分解できません。

そこで、胆汁酸が必要になります。

胆汁が脂肪分を乳化させて溶かすことで、リパーゼの消化力が発揮されるのです。

つまり、胆汁は空腹時にはあまり必要がなく、食後、特に脂っこい食事をしたときにこそ必要になるのです。

そこで、肝臓でつくられた胆汁はいったん胆嚢にためられ、タイミングをはかって絞り出し、十二指腸に送ることが出来るようになっているのです。

そのタイミングのきっかけになるのが、十二指腸などから分泌される消化管ホルモンの「コレシストキニン」です。

このホルモンが分泌されると、胆嚢はぎゅっと収縮して胆汁を絞り出し、十二指腸に送るのです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

 

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ