アルコール依存症の治療ステップには・・・。  | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

飲酒

 

アルコール依存症の治療の場合、

内科に入院するだけではあまり意味がない

と言われています。

内科病院に入院して体を治療すると、多くの人は

【かなり良くなったところで、治療をやめてしまう】

そうです。

理由としては、「肝臓が良くなったので、またお酒がおいしく飲める」ことになり、再びアルコールを口にしてしまうから。

つまり、内科に入院治療すると、かえって「飲める」状態になって退院するので、結局何回も入退院を繰り返してしまうのが現実です

本人も【自分がアルコール依存症という病気であることを、全く自覚していない】のですから、お医者さんや家族が何を言っても、

「ただ反発し、否認する」

だけの状態になります。

本人にしてみれば、医者も家族も、【自分から大切なお酒を取り上げた、憎らしい相手】ですから、断酒をしたばかりのイライラも手伝い、攻撃性もつのっています。

体の治療と同時に、医師や医療関係者をまじえたミーティングに参加することで、

恨みつらみ、
悪口

をどんどん口にすることで発散し、徐々に冷静さを取り戻していきます。

時間は数ヶ月、もしくは数年経つうちに

「自分は、アルコール依存症なのか」

と、少しずつ理解できるようになってきます。

しかしここで、「治療が一段落ついた」と思われがちなのですが、妙な自信をつけたときのほうがスリップ(再飲酒)しやすいので、要注意だそうですよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ