じつは、多くの哺乳類の目は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

メガネ

 

私たちは、視覚から大量の情報を得ています。

眼は、ピント調節・明暗調節・手ブレ防止・画像処理など、「豊富な機能を備えた超高性能のビデオカメラ」です。

もともと哺乳類の多くは視覚が弱いのですが、

【ヒトを含めてサルの仲間は、眼が非常によく発達している】

のが特徴です。

驚くべき事ではありますが、じつは「哺乳類の多くは、色の感覚がありません」。

よく闘牛士が赤い布を振って牛を興奮させますが、実は【ウシも色の感覚がないので、赤色でなく他の色でも】構いません。

赤い布を使う理由なのですが、牛ではなく「赤い色で、観客が興奮するから」です。

しかし、哺乳類の中でも、【サルの仲間だけは、色の感覚を持っています】。

サルの仲間は、昔から地面から離れて樹上で生活するように進化しました。
樹上で動きまわるには、嗅覚と聴覚はあまり役に立ちません。

木の枝がどこにあるのか、その距離と方向を眼でしっかりと見定めておかないと、たちまち落っこちてしまいます。

サルのほとんどは、左右の眼球がそれぞれ前を向いていて、「両方の眼で物を見る」ことができます。

また、両眼で同じ対象を見ると左右の眼の像のズレから、対象までの距離を判断することもできます。
(ネコなどの肉食動物も、眼が前を向いていることが多いのですが、これも獲物までの距離を把握するためです。)

これに対して、眼が頭の横についている草食動物では、距離感はつかめませんが、【敵がいないかどうか、まわりを見渡すことができる広い視野】が確保できます。

霊長類の頭蓋には、「眼窩」というくぼみがあり、この中に眼球を収めています。
(この特徴によって、頭の骨を見ただけで、サルの仲間かそうでないか、簡単に見分けることができます。)

ほかの動物では、くぼみのカベが不完全で、【眼球が、顎を動かす筋肉などに接しています】。

なので、筋肉の動きや血管の拍動が微妙に眼球に伝わって、視線が安定はしないそうです。

しかし霊長類の眼窩は、眼球を頭のほかの部分から切り離しているので、「対象を精確に見る」のに役立つのです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ