3種類の素材で成り立っている「歯」は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

柑橘類

 

歯は、「ヒトの身体の中で最も硬い素材」です。

一生にわたって使い続けられると良いのですが、【歳を取ると抜け落ちてしまい、入れ歯のやっかいになる】かもしれません。

しかし、歯は硬いといっても、よく見ると

象牙質、
エナメル質、
セメント質

の3種類の素材が使い分けられています。

歯の本体をつくるのは、象牙質という「窓ガラス程度の硬さ」の素材です。

象牙質は、【カルシウム分を70%ほど】含んでいます。

歯の中心には「歯髄腔」という空間があり、そのカベに【象牙芽細胞】が並び、象牙質の内部に細かい突起を送り込んでいます。

象牙質をよく見ると、この突起を通す無数の管が、歯髄腔から放射状に広がっています。

象牙質は、「硬いけれども、生きている組織」なのです。

エナメル質は、【象牙質の表面をおおう最高に硬い組織】で、「カルシウム分を95%以上」含んでいます。

さすがにダイヤモンドには負けますが、【水晶に匹敵する硬さ】をもっています。

しかし、エナメル質には細胞が含まれてはいません。

それでは、細胞の無いエナメル質をどうやってつくるのでしょうか?

実はエナメル質は、「歯がまだ生え出てくる前に作られている」のです。

歯肉の中にある【エナメル上皮】という細胞層が、エナメル質の元になる基質を分泌し、さらに無機質をつけ加えて、エナメル質を完成させます。

生え出てきたばかりのエナメル質には、

「唾液などからカルシウムがつけ加わって十分な硬さになる」

のです。

セメント質は、歯根の表面をおおう組織で、骨と同質の素材ですが、セメント質と歯の周囲の骨との間には、コラーゲン線維からなる歯根膜によって強力につながれています。

大人の歯は、【すり減ることはあっても、新たに生まれることはありません】ので、虫歯にならない様に、大切に使い続けたいですね。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ