咽喉で音波をつくり、声の高さを・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

元気

 

声には、「高い声」と【低い声】があります。

楽器の場合と同じで、高い声は「周波数の高い声」になります。

1秒間あたりの振動の数を、ヘルツ(Hz)を単位として表しますが、
ヒトの耳は【1,000~3,000Hzあたりの音】を最も敏感に感じ取ります

日常の会話に使う声も、このあたりの高さですが、音の高さの基準として分かりやすいのが、「NHKの時報の音」だそうです。
(440Hzと880Hzの2種類の高さの音を組み合わせて使っています。)

でも、声の高さを変えるには、どうすればよいのでしょうか?

それは、声帯を楽器と同じように考えてみると分かりやすくなります。

バイオリンやギターでは、【弦が細ければ細いほど、短ければ短いほど、そして弦を張る力が強ければ強いほど】、高い音が出ます。

これは、声帯でも同じで、男性の声が女性の声よりも低いのは、

喉頭の前後径が大きくて声帯が長い」のと、
声帯筋の緊張が低い

のが理由です。

思春期のころに喉頭が成長をして、このような変化が起こります。

高い声を出す時には、声帯筋の緊張を高めます。

声を大きくするには、息を強く吐き出します。

「エネルギーの大きな呼気で声帯が強く振動する」事により、大きな声が生まれるのですね。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ