血圧に影響を与える「ヘモグロビン」には・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

聴診器

 

「ヘモグロビン」は、もっともよく研究されたタンパク質です。

そのため、【もう新しい発見はない】と思われていましたが、デューク大学のジョナサン・スタンブラーらのグループが、

「ヘモグロビンが血圧を調節している」

事を発見、超一流誌【ネイチャー】に発表し、世間を驚かせました。

それまでは、ヘモグロビンが「一酸化窒素」(NO)に出会うと、

【ヘモグロビンに含まれる鉄であるヘム鉄がNOと反応し、NOを消費してしまう】

と信じられていましたが、実際に調べてみると、そうではない事が分かりました。

ヘモグロビンは、2個の一酸化窒素を、アミノ酸の一種である「システイン」の【チオール基(-SH)】によって「N-ニトロソチオール」(SNO)として捕らえます。

このため、一酸化窒素(NO)はヘモグロビンにくっついたり、離れたりが出来るのです。

ヘモグロビンは酸素と一酸化窒素を肺で捕らえ、それぞれの組織で酸素と一酸化窒素を放出します。

放出された一酸化窒素が血管を拡張するため、血圧が下がり、血液の通りがよくなります。

これまでは、【ヘモグロビン水溶液】でつくった代替血液を使用すると、血圧の急激な上昇が見られましたが、これからは「ニトロソヘモグロビン」を使用すれば、血圧を正常に保つことが可能になりました。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ