カフェインが及ぼす現象には!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

癒し

 

カフェインは、テオフィリンやテオブロミンとともに、「メチルキサンチン類に分類される化合物」ですが、これら【3種類の化合物は化学構造が互いに類似】しています。

薬理作用に強度差はありますが、「定性的にはほとんど同じ特徴」をもっています。

カフェインは、1820年にドイツの化学者F・ランゲによって、【コーヒー豆から単離】されました。

「コーヒーの基本物質」という意味で【カフェベース(Kaffeebase)】と命名し、それが

「カフェイン」

へと名前が変化したそうです。

テオブロミンは、【1842年にカカオ豆から単離】され、
テオフィリンは、「1888年に茶葉から単離」されました。

カフェインが気分高揚(精神運動刺激)を引き起こすことは、多くの研究から明らかになっています。

自己申告に基づいた調査によれば、100~200ミリグラム(コーヒー換算で1~2杯)のカフェインを摂取すると、

●集中力の増大・維持、
●眠気の消失、
●疲労感の減少など

が引き起こされると言います。

さらに、カフェイン摂取量が300ミリグラム(コーヒー換算で3杯)を超えると、

【平静度の低下や不安・不穏感の上昇が自覚される】

と言います。


ですが、このようなカフェインの精神興奮作用が、いつでも誰でも発現するわけではなく、個人の性格や日常におけるカフェインの摂取量などの、「個人を取り巻くさまざまな状況によって」違ってきます。

カフェインに対する感受性は、【摂取する時刻によって変化する可能性も指摘】されています。

精神興奮作用は、

外向的な性格の人では「午前中」に、
内向的な性格の人では【午後から夕方】

にかけて強く発現しやすい報告がありますが、このような効果のある物質はカフェインに限ったものでもないそうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ