最近の「切り傷対処法」は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

医者

 

「切り傷を負ったとき」に、皆さんはどうしていますか?

【傷口を消毒したあと、ガーゼを当てる】などの処置を、していますか?

昔から、多くの人に信じられ、実行されてきた「傷口を消毒しガーゼを当てる」という、どう考えても矛盾の生じない行為が、今では【大きな間違いである】とする考えになっています。

多くの人が体験してきた「この対処法」は、傷口が自然に元通りに戻ろうとする治癒能力に対して

【何の役にも立たない】

だけでなく、むしろ

「自然治癒を妨害する行為」

だと分かってきました。

現在、最も望ましい対処法はどのようなものかと言えば、

まずは【傷口に付着している異物や細胞の残骸などを流水で洗い流して清潔】にします。

その後は、「適度に湿度を保って自然治癒に任せるのが正しい」とされています。

つまり、簡単に言うと、

きれいな水で傷口を十分に洗い、雑菌が入って感染症にならないよう、絆創膏を貼るのが良い

そうです。

何故、「傷口にガーゼは良くない」のでしょうか?

実は、【ガーゼを当てると傷口が乾燥してしまい、それが傷の治りを遅くしてしまう】ようなのです。

ケガを負ったばかりの傷口は体液などでジクジクとしていますが、それが「完治すると乾いた状態」になります。

それを知っているせいか、

【心理的にも水分を吸収し、通気性の良いガーゼを当てて早く乾かそうとする意識】

が働くようです。

「傷口は、細胞が損傷して抵抗力が低下している状態」ですので、通常では何ら影響のない程度の細菌の種類や量であっても、それが傷口に付着した場合には容易に悪化してしまいます。

また、さまざまな異物の付着によって、【より一層抵抗力が失われます】。

侵入してくる細菌との戦いや損傷した皮膚細胞の修復などを促すために、さまざまな物質が分泌されています。

この状態が、傷口のジクジクであり、「ジクジクに含まれている成分の働きのお陰で傷の治癒につながっている」のです。

傷口に消毒液を吹きかけ、ガーゼで乾かす行為は、病原菌の侵入を防いでくれますが、【傷の治療をしようとしている血小板や免疫系の細胞までも毒殺している結果】となります。

少々の傷であれば

「洗って放置しておく」

だけの方が、望ましいようですね。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ