身体の免疫は・・・。

狙い撃ち

身体に侵入してくる細菌やウィルスを排除するシステム=免疫機能が、「はしか」や「おたふく風邪」などの感染症にかかると働きます。

免疫には、 生まれつき持っている自然免疫と、 生まれてから身につけていく獲得免疫と があります。

獲得免疫には、 母乳などによって母親から貰うもの、 様々な感染症にかかって身につけるもの、 予防接種や免疫物質の注射等で獲得するもの があります。

病原体が身体に侵入すると、まず好中球やマクロファージが集まり、病原体を次々に食べて殺します(貪食作用)

また、リンパ球のNK(ナチュラルキラー)細胞は、ウィルスに感染した細胞やがん細胞などを攻撃して処理します。

マクロファージは、取り込んだ病原体のかけらをリンパ球のヘルパーT細胞に報告します。

するとヘルパーT細胞は、細胞分裂して数を増やしつつ、 リンパ球のB細胞に病原体の情報を伝え、抗体という武器を作らせます。

B細胞は抗体を大量生産して放出、病原体を攻撃します。

またヘルパーT細胞は、 リンパ球のキラーT細胞に、 病原体に感染した細胞を攻撃するよう指示を出します。

この総攻撃によって病原体を撃退すると、リンパ球のサプレッサーT細胞が攻撃終了を宣言します。

B細胞は、過去の病原体の攻撃を覚えてるので、 2度目以降の攻撃に対しては、T細胞の指示なしで、速やかに攻撃・排除します。

そのため、「その病気は発症しない」か、「ごく軽症で済む」のです。

今更ですが、カラダって凄いですね。

 

=========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するらくラク整体

愛知県一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

TEL:0586-73-1919


「ホームページを見て・・・」と、お電話下さい

=========================

コメントを残す

このページの先頭へ