危険な頭痛No.1の【クモ膜下出血】は!? | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

頭痛

脳卒中の中で最も死亡率が高いのが、【クモ膜下出血】です。


よく誤解をされがちですが、頭蓋骨の下にすぐ脳があるわけではありません。

外側から順に、【硬膜】【クモ膜】【軟膜】という「三層の膜」で脳は保護されています。

クモ膜と軟膜の間は「透明な液体で満たされ」ていて、脳を外からの衝撃から守るクッションの役目を果たしています。

クモ膜は半透明の薄い膜で、その名の通り【クモの巣のような構造】になっています。

その下にある血管が破れて出血が起きるので、「クモ膜下出血」と呼ばれています。

生まれつき脳の動脈と静脈がつながっている【脳動脈奇形】が原因となるケースもありますが、ほとんどの場合は、脳の血管にできるコブである「脳動脈瘤」が破裂して出血するケースが多い様です。

症状は、【後頭部をハンマーで殴られたような強烈な頭痛に襲われる】と医学書に書かれていますが実際には頭痛自体はそれほど強くないことも多い様なんですが、

「突然、何の前触れもなく起きる、死亡率の高い怖い病気」

なのです。

クモ膜下出血になる人は、【脳の太い血管の分かれ道の壁の部分が生まれつき弱い】と言われています。

血管の壁は、内側から【内膜】【中膜】【外膜】の三層構造になっており、本来はしなやかで頑丈な管なのですが、クモ膜下出血を起こす人は、「中膜の一部が薄くなっているケースが多い」という報告もあります。

発症した場合は、緊急手術を行い、動脈瘤の根元をクリップで留める【クリッピング手術】や、頭を切らないで動脈瘤の中にコイルを詰める【血管治療(カテーテル)】が行われます

ちなみに脳内出血とクモ膜下出血との違いは、

【脳の中に血のかたまりができる】(脳内出血)のに対し、
【軟膜とクモ膜のすき間に出血が広がる】(クモ膜下出血)

という違いだそうです。

もしも、突然始まる持続性の頭痛が起きた時に、【下を向く動作で痛みが強く現れる場合には救急車を呼んで下さい。】

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ