衝突試験用の、ダミー人形が登場するまでは・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

運転席

 

衝突試験用ダミーが開発されるまでは、「人間の遺体を使ってデータを取りながら、安全設計への参考にする」という事をしていました。

当然のことですが、死体を扱うのはとても気味が悪く、また、研究者が得ることができる情報もかなり限定的な情報しか入手する事が出来なかったそうです。

それに死体は繰り返し有効に使えるものではなく、ケガの種類についてもわずかに情報が得られる程度しかなく、調査対象の状況下では、生きた人間がどのような反応をするのかは、全く分かりませんでした。

そこで、1940年代後半に米国空軍が新設計の射出座席を配備した場合のデータを求めるために、初の衝突試験用ダミーが作られました。

シートベルトで座席に固定されたパイロットに、射出時に「どれだけ影響を及ぼすかを調べるため」に、1949年に米国人サミュエル・オールダーソンがシエラエンジニアリング社と共同で制作したもので、「シエラ・サム」と名付けられました。

オールダーソンが入念に設計した人形は、「自動車の安全実験のCMで有名になりました」が、自動車業界で使われ始めたのは、なんと最初に作られてから20年以上もあとの事になります。

最初の発明以降も引き続き衝突試験用ダミーの研究に携わり、1968年には自動車専用ダミーを設計し、それを「VIP」と名付けました。

それからは、シートベルトやエアバッグ、アンチロックブレーキの試験にも使われており、自動車全体の安全へと貢献しています。

ドライバーの身体に加わる衝撃速度や破壊力、減速度、体の曲がり方や折れ方、回転を調べるために、このVIPたちが文句も言わずに模擬衝突を受け続けてくれたお陰で、自動車は現在の安全機能を実現することが出来たのです。

 

 ===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ