【A~C型】の肝炎は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

悪魔のあやつり人形

 

肝硬変や肝臓がんは、それぞれ「B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスに感染して起こる肝臓の病気」です。

この中では、長期的に厄介となっているのは「C型肝炎」なんですが、【自覚症状が一番少ない】そうです。

肝臓の障害を起こす肝炎ウイルスには、現在「A~G型の七種類が確認」されています。

それぞれ感染の仕方や症状にも違いはありますが、世間一般的によく知られているのは【A~C型の肝炎】ですね

「A型肝炎はウイルスに汚染された水や食べ物から感染」し、発熱や全身の倦怠感、腹痛、食欲不振などの症状があります。

ただ、重症となることは少なく、一度治れば再発する事はありません。

A型肝炎ウイルスが口を通して体内に入るのに対して、「B型肝炎は血液や精液を介して感染」し、
「C型肝炎はおもに血液を介して感染」します。

B型肝炎は、【大人になってから初めてウイルスに感染し発病した場合では、一過性として完治する場合がほとんど】です。

しかし、長くB型肝炎ウイルスに持続感染している人が発病する【慢性肝炎の場合、進行すると肝硬変や肝がんを引き起こす可能性】もあります。

B型肝炎の症状は、「A型とほとんど同じですが、発熱は少ない」と言われています。

C型肝炎は、【感染すると急性肝炎として発症】します。

B型のように、一過性の感染として治癒する事は少なく、「約七割が慢性肝炎に移行する」と言われています。

C型肝炎の症状は、他の急性肝炎とほぼ同じですが、【自覚症状がほとんど出ないこともあるため、健康診断で気づく】ことも少なくありません。

しかし中には、「病気がゆっくりと進行して肝硬変に至り、肝臓がんに進む」こともあります。

主にC型肝炎の治療には、ウイルスの排出を目指すインターフェロン療法が行われていますが、【治療効果にバラつき】があり、新しい治療法の模索が続いています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ