ハゲワシの頭が「禿げ」ているワケは・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

ハゲワシ

 

鳥にとって羽毛は、「生命を支える大切なもの」なのですが、なぜか【ハゲワシには頭に羽毛がありません】。

アフリカや南ヨーロッパからアジアにかけて生息しているハゲワシ類は、「15種がいる大型の猛禽類」です。

よく強欲の人を揶揄して

「ハゲタカのような人」

などと言ったりしますが、【実は、ハゲタカという名前の鳥は存在しません】。

なのでハゲタカではなく、

「ハゲワシのような人」

が正解になります。

ハゲワシは名前の通り、【頭から首にかけて羽毛が生えていない】か、たとえ生えていても「ショボショボとした羽毛しか生えていない」種類がほとんどです。

なかには、エジプトハゲワシのように【顔や頭の一部しか禿げていない種類】もいて、「その種によって、禿げぐあいは様々」となっています。

ちなみに、アメリカ合衆国の国鳥の【ハクトウワシ】は、英語では「ボルドーイーグル」といい、直訳するとハゲワシとなります。

ですが、実際のハクトウワシは禿げではなく、【真っ白な羽毛が生えています】。

なぜ、頭が禿げている必要があるのでしょうか?

ハッキリとした理由は確かめられてはいませんが、次の2つの説が有力だと言われています。

一つめの説としては、

ハゲワシやコンドルの主な食べ物が死んだ動物の肉なので、「食べる時に、頭が血液で汚れてしまうから羽毛がない」

という説です。

これは、ライオンなどが倒したシマウマに群がるハゲワシが、【死体の腹の中まで首を突っ込み血だらけになって食べる姿】から、容易に考えられる説です。

こういうことをするので嫌われ者となってしまう彼らですが、血だらけになったときに羽毛があると、たしかにきれいにするのはとても大変です。

水でもあれば、すぐに洗い落とすことも出来ますが、「彼らが棲んでいる場所は、水のあまりないサバンナや平原」です。

そのため、【頭の羽毛は邪魔なものとして退化していった】と、考えられている説です。

2つめの説は、

「体温調節機能説」

です。

ハゲワシやコンドルは、上空を【とても長い時間飛びながら】地上の食べ物を探します。

飛んでいる時は、冷たい空気によって体は冷やされていますが、「ひとたび獲物を見つけて地上に舞い降りると、体温が急に上がってしまいます」。

その時に、【皮膚が露出している頭から熱を放出し、体温の上昇を防ぐはたらきがある

としているのが、この説です。

おそらく、「両者とも正解ではないか」と言われていますが、まだまだ謎が深いようです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ