子宮以外でも発生&増殖をする、子宮内膜症は・・・。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

女の子

 

子宮内膜症は、子宮の内側にしかないはずの「子宮内膜組織が、子宮以外の場所で増殖する病気」です。

強い月経痛が特徴】で、妊娠の希望の有無によって治療法が変わってきます。

子宮は読んで字の通り、「赤ちゃんを宿し、守り育てるための臓器」です。

子宮の内側を覆っている子宮内膜は、【受精が成立したとき、受精卵が着床しやすいように】準備を整えます。

成立しなかった場合には、「受精しなかった卵子や血液とともに、体外に排出」されます。

これが【月経】です。

本来、子宮内膜組織は子宮の内側にしか存在しないのですが、何らかの原因で「子宮以外の場所で発生し増殖する」ことがあります。

これが「子宮内膜症」で、子宮内膜組織が体外に排出されないため、【月経のたびに出血した血液が体の中に溜まり、さまざまな症状を引き起こして】しまいます。

子宮以外の場所とは、

●卵巣、

●子宮と直腸の間のくぼみにあるダクラス窩、

●S状結腸、

●直腸、

●子宮を支える靱帯の仙骨子宮靱帯、

●膣、

●膀胱、

●腹壁など

です。

その中でよく見られるのは、卵巣内で内膜組織が増殖して、血液が卵巣内に溜まって腫れ上がる「チョコレートのう胞」という病気です。

最近では、【20~30歳代の若い世代に増えてきており、不妊症が問題】になっています。

卵管や卵巣の周囲に内膜症が発生し、「癒着によって卵管が狭くなったり閉鎖したりするのが原因の一つ」のようです。

他の症状には、

●月経痛や排便痛、

●性交痛、

●腰痛、

●不正出血など

があり、治療は【年齢や妊娠の希望、痛みの程度などによって決められます】。

薬による治療では、「子宮内膜の増殖や痛みを抑えるもの」などが用いられます。

手術は、腹腔鏡を用いたレーザー手術が増えてまして、「子宮内膜症組織を焼灼(しょうしゃく)しながら除去や癒着を分離」したり、「チョコレートのう胞の摘出」が行われたりしています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ