ストレス持ちだと、病気に!?

ストレス

ストレスがあると、「交感神経が緊張してしまう」ため、低体温の原因にもなったりします。

私たち人間も生物として考えてみると、もともと「交感神経が緊張する」という状態は、

食べ物を探して歩き回ったり、
敵を攻撃したり、
敵や災難から逃げたりするために、

「全身の筋肉に血液を大量に送って、活動のエネルギーを供給するため」

のものです。


ですから、体を酷使したときに交感神経は非常に緊張してしまいます。

このような交感神経を緊張させる要因を、「ストレス」といいます。

また、

傷や痛み、環境ホルモンなど、体にダメージを与えるものも、大きなストレスになるのです。


これらの「身体的なストレス」がある一方で、「精神的なストレス」もあります。


一般的では、精神的なものを「ストレス」と呼ぶことが多いですが。


なにかに悩んだり、イライラするなどの精神的な動揺があると、交感神経が緊張し体の中では心臓が拍動を速め、血圧も上がり循環血流量も増えていきます。


交感神経が働いても、やがて副交感神経が作用し、心臓の働きも通常に戻ります。


しかし、たいへん強いストレスがあったり、弱いストレスでも長時間続いたりすると、副交感神経がうまく体を元の状態に戻せなくなってしまいます。


この状態だと、交感神経が優位になってしまうので、「低体温になる」というわけです。


ガンなどの大病を患った人は、例外なく大きなストレスを抱え込んでいるそうです。


睡眠時間も十分にとれないほどハードに仕事をしたり、
大酒を飲んだりといった生活を送ったり、
大きな悩みを抱えている、

などの生活を過ごしていると、

「病気にかかる危険性が高い」

ので、ご注意下さい。


ただ、ストレス自体が悪いというわけでもなく、ある程度のストレスは、

「心身の活性化」

には欠かせません。


ストレスがあっても副交感神経がきちんと働き体の均衡が保たれていれば、何ら問題はありません。


要は、交感神経優位の状態が長く続いてしまうことが、怖いのです。

 


===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ