【近視】・【遠視】・【乱視】の3種類がある屈折異常は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

知性

 

光の屈折がうまくいかない「屈折異常」には、【近視】・【遠視】・【乱視】の3種類があります。

屈折異常とは、「水晶体と角膜による光の屈折がうまくいかない状態」のことです。

近視は、【眼球内に入ってきた光が、網膜より手前で焦点を結んでしまう】ために、網膜よりも手前で像が結ばれ、ものがぼやけて見えてしまいます。

近視の屈折異常の原因には、

「軸性近視」
「屈折性近視」

2つがあります。

軸性近視とは、【角膜から網膜までの長さの「眼軸」が、正常より長い】ために起こります。

眼軸長が長過ぎて、「網膜の手前でピントが合ってしまう状態」です。

屈折性近視は、【角膜や水晶体の屈折力が強すぎて、網膜の手前でピントが合ってしまう状態】です。

遠視は、「眼球内に入ってきた光が、網膜よりも後ろで焦点を結んでしまう」ため、ものがぼやけて見えてしまう屈折異常です。

眼軸が短すぎたり、角膜の屈折力が弱すぎたりして、【網膜の後ろでピントが合ってしまう状態】です。

遠視と言っても遠くがよく見えるわけではなく、遠い所も近い所も正視のようにはっきりとは見えず、ぼやけて見えます。

乱視は、「角膜や水晶体のカーブが不規則で、その形に歪みがあり、距離の近い遠いに関わらず、物がぼやけて見える状態」です。

ちなみに、近視や遠視がありますと、乱視を併発しやすくなります。

現在では、【日本は、世界一近視人口が多い】とも言われています。
(「小学生の1/4、中学生の1/2が裸眼視力1.0未満」という、学校保健統計調査のデータが出たこともありますし…。)

いかに最近の生活が、【近くを見る機会が多い】かが分かりますね。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ