第一次世界大戦時に猛威を振るった「スペイン風邪」は…!? | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

かぜ

 

スペイン風邪は、「1918年に起こった、インフルエンザの大流行」の事です。

このインフルエンザの大流行は、【第一次世界大戦中の連合軍兵士から始まり、兵士の移動に伴って瞬く間に全世界に広がり】ました。

翌年の1919年までの短期間のうちに怒涛のように世界を駆け巡った後、消えていきました。

後の調査で分かった事ですが、「全世界で約6億人が感染・発病し、2000~3000万人が肺炎を起こして死亡」したと言われています。

【大戦での戦死者が850万人】もいたのですが、スペイン風邪での死者はそれを「2倍以上も上回る数字」でした。

ちなみに、わが国でのスペイン風邪による死亡者は、「約40万人にも達した」そうです。

このインフルエンザが「スペイン風邪」とも呼ばれるのは、

スペインに設置された連合軍駐屯所の診療所で治療に当たっていた医師団が、【患者の体内からインフルエンザ・ウイルスを発見したので、スペイン国の名が付いた】

とも言われています。

驚くべき事に、「スペインから始まった訳では無かった」のですね~。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ