スズメの出身は!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

少年

 

私たちの生活の中で、最も身近な野鳥である【スズメ】。

昔話の中にもスズメが出てくるほど、日本にとってはメジャーな鳥ですが、スズメを詳しく研究してみると、どうやら「外国から来た鳥」なのだそうです。

驚くというよりも【本当にそうなのか?】と思ってしまいますが、どうやらスズメは

「アフリカにルーツがある鳥」

のようなんです。

現在スズメには世界が【16種】(15種説もあり)いて、そのうち「7種がアフリカ」にいます。

元々スズメは、

【サバンナのような半乾燥地の草原で、草の種子を食べる鳥】

なのだそうです。

ですから、日本のように「ほとんど森林に覆われていた自然」では、スズメが生息していける環境とは言えません。

実はスズメは、【都会よりも田んぼや畑のある田舎に多く生息】しています。

「イネを食べる害鳥として昔からスズメは有名」で、農地と密接に関係してスズメは暮らしています。

森林国であった日本では、草原はあまりなく、農耕が渡来した【縄文後期~弥生時代に森を切り開いて農耕地を開拓】してきました。

スズメは、「農耕が行われるようになると同時に、人との協調的な生活が始まったのではないか」とも考えられています。

害鳥と言われていますが、お隣の中国では1955年より行われた【四害追放運動】により、ネズミ、ハエ、カとともにスズメを撲滅させるという計画が実施(年に11億羽以上捕獲)されましたが、その結果、「全国的に害虫による凶作」になってしまいました。

スズメが居なくなってから初めて、【スズメが害虫駆除に大きな役割を果たしていたことが判明】し、中国では1960年からその対象からスズメが外されることになります。

ちなみに、スズメの語源については、

「スズ」は鳴き声を、
「メ」はカモメやツバメのように群れをなすことを指している

と言われています。

でも、普通は【チュンチュン】と聞こえている気がしますけど…。

 


===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ