【SARS】は歳をとるほど死亡率が高かった!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

病気

 

WHOは2002年11月に、中国広東省で

「非典型の肺炎が、発生しているらしい」

という、非公式情報を掴みました。

状況をはっきりさせるために、【中国政府に確かめようとしましたが、報道の規制もあり、詳細の報告が届きませんでした】。

2003年の2月になってから、中国政府はやっと

「非典型肺炎の患者が305人発生し、このうち5人が死亡した」

と発表しました。

しかし、この報告内容は、各国の中でも、【患者数や死者の数も少ない報告】でしたので、物議を醸していました。

中国では、

「医療体制の遅れや、発生した地方が分散していたため、全体の調査・把握が出来ていなかった」のと、

北京の軍関係の病院のように、「実際の患者数を少なく報告するなどのごまかしもあった為」とも、

言われています。

最初、WHOは【この肺炎を新しいインフルエンザ】(鳥インフルエンザ)ではないかと考えていました。

しかし、その後アジアの多くの国々へと感染が広がっていき、発病患者についてウイルスの追跡調査を行っていくと、

「インフルエンザのウイルスがどのケースからも見つからない」

ことが分かりました。

その結果、WHOはこの肺炎を暫定的に【ARS】(急性呼吸器症候群)と名付けました。

感染は、さらにドイツやカナダにも飛び火し、死亡者数も多くなってきたため、慌てたWHOは3月15日にこの病気を

【SARS】(重症急性呼吸器症候群)

と名付けて、世界に注意を喚起しました。

同時に、世界の研究機関に「ウイルスの特定も依頼」しました。

そこで、このウイルスが【コロナ・ウイルス科のウイルス】であることが分かったのです。

ですが、SARSウイルスは、「普通のコロナ・ウイルスでは考えられないほどの重症」を引き起こしてしまいます。

感染後の潜伏期間は、2日~7日ほどで、

発症すると38℃以上の発熱の後、
悪寒、
頭痛、
筋肉痛、
震え

などを引き起こします。

大部分の患者は1週間ほどで回復しますが、【14%~15%程度が死亡】しています。

この致死率は、歳を取るほど高くなり、「65歳~74歳では43.7%」になりました。

逆に、乳幼児ではほとんど患者はなく、重症例や死亡例も出ていません。

SARSが猛威を振るった2003年の1月から4月にかけ、中国から拡がり、香港や台湾、カナダなどの世界29ヵ国で、WHOが7月に終息宣言を出す間に、

【患者数は8000人を超え、死亡者は774人に上った】

そうです。

ちなみに、感染源は「ハクビシン」と言われていましたが、【最近の研究ではコウモリが有力】とも言われています。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ