自覚症状がほとんどない、【爪白癬】は・・・。  | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

むくみ

 

爪も水虫に冒されることがあるのをご存じでしょうか?

爪の水虫は、カビの一種である【白癬菌が爪の中に住みついたために起こる感染症】で、「爪白癬」と言います。

健康な爪は、きれいなサクラ色をしていますが、爪白癬にかかると爪は【白く濁った】り、【黄褐色に変色】したり、【厚くなって】いきます。

さらに、「爪は脆くボロボロと崩れ落ちるようになります」。

女性にとっては見た目が悪いので人前では素足をさらせない等、美容面からも気になります。

ただし、爪白癬は足の皮膚に起きる水虫とは違い、【痒いといった自覚症状はほとんどありません】

ですから、爪の異常に気づいてもかゆみがないので、

「大したことはないだろう。」

と、そのままにしている人が多いのです。

実際、お医者さんも目で見ても診断できず、【爪のかけらを顕微鏡で見て診断】しています。

治療をしないで放置していると、「白癬菌はほとんど増殖を続けていきます」。

こうして症状が進むと、爪が厚くボロボロになって変形するために、靴を履くと痛みが生じるようになります。

実は、【爪白癬は巻き爪が原因で引き起こされることが多い】のです。

実際、爪白癬の人の多くは巻き爪をしています。

巻き爪は、「軟部組織と離れて爪の先が浮き上がり、爪も乾燥」しています。

これは、白癬菌にとって侵入しやすく、実に居心地が良いのです。

この白癬菌は爪の成分である【ケラチン】を栄養源にして繁殖していきます。

つまり、「巻き爪は爪白癬にとって格好のすみか」と言えますね。

爪白癬があると、その爪は白癬菌の発信基地となり、足の皮膚に広がったり、同居している他の人にもうつる恐れもありますので、【爪の異常に気づいたら専門医に診てもらいましょう】。

いまは白癬菌によく効く治療薬が開発されているので、治しやすくなっているそうです。

ちなみに、塗り薬ではなく「飲み薬」(内服薬)となります

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ