合格点の【パンプス】の選び方は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

靴

 

素人でも出来る、「間違いのないパンプスを選ぶコツ」があります。

とは言っても、日本ではまだまだ不十分な知識で靴が販売されています。

やむを得ず、よくわからないまま靴を買ってしまうことにもなりかねませんので、【靴選びの大切なポイント】を踏まえて、選んで下さい。

まずはじめに、パンプスは「かかとがしっかり」していなければいけません。

ヒールが高くて不安定になるので、【カウンター(月型)がしっかりとしたもの】を選びましょう。

ちなみに、靴の上部を

「アッパー」

と言い、下部を

「ソール部」

と言います。

カウンターは、【足の後足部を保護】しています。

次に大切なのは、靴を履いて歩いてみたときに、「甲の部分と足先がピタリと止まるかどうか」です。

歩いてみて、【足が前にずれても足先がきつくないのなら、合格】です。

足先が、横からも前からも圧迫されてはいけません。

「爪が靴に当たるようでは、不合格」です。

靴を履いたときに、靴によっても違いますが、【足先には5~10ミリくらいの余裕が必要】です。

これは「捨て寸」と呼ばれているものです。

歩くときには、靴の中で足が少し前に動くので、捨て寸が必要になります。

親指から小指までの指を、開いたり閉じたりと自由に動かす事ができたらOKです。

パンプスを選ぶ上では、この2点

①かかとがしっかりとして、足首が安定するパンプス

②足先に余裕があり、しかもしっかりと止まるようなパンプス

を選ぶようにすることをお勧めします。

このくらいなら、靴の専門家でなくともチェックする事ができると思います。

では、ヒールについてはどうでしょうか。

ヒールの高さは、健康面から考えると、【高くないほうが良い】に決まっています。

裸足で歩いているような状態が望ましいのですが、歩きやすい靴というなら、少し上げたほうが歩きやすくなります。

パンプスは足を美しく見せる道具ですので、ヒールは高くなりますが、「理想は高さ5センチぐらいがちょうど良い」そうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ