カラダの歪みは、【片噛み】から!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

骨格君

 

口呼吸習慣が身についてしまうと、

「必ず片噛み癖がつく」

そうです。

その片噛みが続きますと、【噛む側の筋肉が首まで含めて縮み、背骨まで噛む側に傾いてしまう】という説があります。

通常の日本人は、ほとんどが右側の顎が利き顎ですので、大抵の人が右を下にして眠るそうです。

上顎も右側が縮み、歯型も寝相により右側が一直線になります。

もちろん寝ている間に寝返りを打ちますので、「左側の歯列も狭まります」。

咬み合わせの平面を上下の歯列で小さな板を咬んで観察すると、右上がりにこの板が傾きます。

これは、右片噛みにより上顎の歯列が下顎との咬み合いで突き上げられて、【上顎骨が縮んでいるため】です。

下顎の臼歯が杵の働きをし、上顎の臼歯が臼の働きをしますので、下顎の大臼歯の根はもともと二根(四脚型=揺すぶり力を負担する)で、上顎の大臼歯が三根(三脚型=圧力を負担する)となっています。

顔の形は、

噛む側の右が縮んで引き締まり「地鶏顔」になり、
噛まない側がたるんで「ブロイラー顔」

になります。

右片噛みで、右を下にして寝ている子が中学に入りスポーツを始めると、多くの場合、左片噛みの癖に転じ、左下に眠る様になるそうです。

これは、テニスやバスケットなど【多くのスポーツで長時間左側を向いているため】だそうです。

ほとんど多くの場合、「噛まない側の顎の関節が顎関節症になります」。

ですが、真正面を向いて【噛まない側で、何も噛まない状態で軽く咀嚼運動を繰り返すと、顎関節症を治すことが出来ます】。

今からでも、噛み癖には気を付けていきましょう。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ