保存食にもなる!? パンは、…。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

ロゴもカラフル仕立てに

 

「パンは保存食である」

というと、変に思われるかもしれませんが

【実はパンだって、立派な保存食になれる】

のです。

通常、「衛生などの問題から」か、パンはビニールの袋に入って売られています。

もしくは、買うとビニールの袋に入れてくれます。

ですが、【ビニール袋に入れたままだと、パンは直ぐにカビ始め】ます。

日本でお米が貴重品、贅沢品であった時代があったように、「ヨーロッパでもパンが貴重品であった時代」があり、少しのパンを、少しずつ食べていました。

それも、【保存食】として。

スープに浮いている「クルトン」と呼ばれる刻んだパンの小片が、その典型になります。

「スープは、コース料理の最初」

というのは、貴族だけのお話で、当時は、1杯のスープを食べられれば、そしてその中に小さなパンが浮かべられていたのなら、

「それだけで幸せ」

と言えました。

それが、当時の一般市民の生活だったのです。

そういった歴史から編み出された、残ったパンを使った料理のひとつに、

【フレンチトースト】

があります。

フレンチトーストは、卵と牛乳、砂糖を混ぜ合わせてパンを浸し、フライパンで焼いたモノです。

フカフカの食パンを使う人もいますが、「硬くなったフランスパンを使って作る」ほうが、コシがあってずっと美味しくなります。

他にも、

「パンのミルク煮」や
「パン入りサラダ」

など、硬くなってしまったパンでも作れる美味しい料理があります。

フランスでは

【パン・ベルデュ】

と呼ばれてるそうです。

直訳すると「失われたパン」という意味になります。

つまり、

過去のパン】や
昨日や一昨日の残りのパン

という意味だそうです。

ヨーロッパには、このような「残ったパンを使う調理法」が、たくさんあります。

保存性を高めるためにも、

残ったパンは袋から出して、【風通しのいいところに置いて、乾燥させる】

様にしましょう。

ちなみに、クラッカーなどでも、同じように料理に使うことができますよ。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ