抗がん剤にも使われる「タキサス」は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

薬

 

タキサスは、成長するまでに「1000年以上の月日を要する」貴重な植物です。

中国政府は、【国家1級保護植物】として、タキサスの伐採や売買を禁止していましたが、

植林事業の推進と研究目的のため

に、日本と米国の2ヶ国のみに流通を認めた事により、タキサスの成分を科学的に証明する足掛かりになりました。

中国政府が一部の流通を認めた背景には、

タキサスに、強い抗がん作用の成分が発見された

事でもあります。

それが、現在医薬品として使用されている抗がん成分

【タキソール】

です。

1956年に、植物や菌類の有効成分を研究する科学者・ルーカス氏が、タキサスの成分に抗がん作用がある事を発見しました。

しかし、抗がん成分がある事が分かったとは言え、タキサスには他にもたくさんの成分が含まれているため、それだけを抽出して研究を進めるのは、容易な事ではなく、「抗がん成分を抽出する方法を探すところからスタート」しなければなりませんでした。

ルーカス氏の発見から15年が過ぎた1971年に、アメリカの科学者・ヴァニ氏が、タキサスの成分から抗がん物質の単離に成功し、

タキソール

と名付けました。

この時点では、1本のタキサスに含まれるタキソールもわずかでしたが、1989年に米国フロリダ州立大学の「ロバート・ホルトン」博士が、タキソールの合成法を開発。

翌90年には、【ブリストル・マイヤー社】が博士から合成法を買い取り、タキソールを商標として登録しました。

商品化した抗がん剤は、一般名で

パクリタキセル

と言います。
(何となく、日本語に聞こえちゃいます。)

1997年、日本でもタキソールは抗がん剤として認可されており、肝がんだけではなく、

卵巣がんや乳がん、
子宮がん、
胃がん

などで、保険適用の薬となっています。

厚生労働省から認可されている抗がん剤は約100種類以上ありますが、およそ30%前後の有効率が多いなか、タキソールは【75%】とトップクラスと言われています。

問題としては、タキソールを人工的に合成した抗がん剤は、

「ほかの薬と同様に副作用が伴う」

事だそうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ