災害時での缶詰活用法は…。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

食事

 

保存を目的に作られた食品の典型的なものの1つとして「缶詰」があります。

かの【ナポレオン】が、

遠征時の兵糧食として考案させた

とも言われています。

現在の缶詰は、

大別して

素材缶」と、【調理済みの味付き缶

の2種類に分けられます。

素材缶には、

トマトや豆、ツナ、コーンなど

があります。

調理済みのものは

焼き鳥、イワシの大和煮など

で、両者ともさまざまな種類があります。


調理済みのものは、缶を開けてそのまま直ぐに食べることが出来ますし、素材缶もほかの食材と合わせて、ひと手間加えるだけで美味しく食べることが出来ます。

缶の表面には、

「缶のまま火にかけないでください」

と表示されていますが、【災害時などのサバイバル状況下では、缶詰ほど重宝する調理器具はありません】。

鍋などを使わずに温めることが出来ますし、食器代わりに使用することも出来るのです。

それに、ツナ缶に至っては油がない時でも、「ツナ缶の油で野菜なども調理」が出来ます。

ですが温める時には、

【缶を開けてから加熱する】

事だけは、気を付けましょう。

開けていない缶のまま加熱をしてしまうと、缶の中が高圧になり、「時には破裂してしまいます」し、熱い状態で缶を開けようとすると、【熱くなった汁や中身が吹き出して、ヤケドをする危険】がありますので、ご注意を(^0^)

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

 

 

コメントを残す

このページの先頭へ