高齢者の男性に多い、「レム睡眠行動障害」は…。 | 【足のつり改善なら】アトラス整体院

あくび

 

レム睡眠時は、
「脳は活動しているけれども、筋肉が弛緩している」
のが特徴です。

ところが、何かの拍子に筋肉を動かすスイッチが入ってしまい、レム睡眠時であるにも関わらず体が動くようになってしまうのが、
【レム睡眠行動障害】
です。

「大人になってから発症する寝ぼけ」で、患者さんの大半は【60歳以上の男性】になります。

有病率は、「高齢者人口の約0.5%」です。

夢の中の敵から逃げ出そうとしたり、戦ったりしている時は、【立ち上がって走り出したり、隣に寝ている人に暴力をふるったり】する事があります。

「体を揺すったり大きな声で呼びかける」と目が覚めて、異常行動が止みます。

自然治癒する事はなく、【症状は徐々に悪化】していきます。

最初は寝言から始まり、
だんだん手が動くようになり、
そのうち起き上がるようになります。

そして、
立ち上がったり、
暴れるようになり、
「頻度が増して」いきます。

対処方法としては、有効な治療薬がありますので、それらを用いればほとんどの患者さんが良くなります。

この病気は、
【パーキンソン病など神経系の病気の前駆症状として起こる】事もあるので、神経疾患に移行しないかチェックするためにも、専門医を受診する必要があります。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ