単なる居眠りと誤解されやすい「ナルコレプシー」は…。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

癒し

 

過眠症の中でも、「代表的」なのが【ナルコレプシー】です。

「ナルコ」は【睡眠】を、

「レプシー」は【発作】を表す意味で、

その名の通り、1日に何回となく我慢できない眠気に襲われ、会議中だろうが試験中だろうが、「5~20分ほど寝入って」しまいます。

近くの人が【声をかけたりするわずかな刺激】で目を覚まし、速やかに普通の状態に戻るので、「単なる居眠りと誤解されることも多い」ようです。

日中や夜間に関わらず、入眠直後にレム睡眠に入るのも、この病気の特徴です。

寝入りばなに鮮明な夢を見るので、部屋の入り口や窓に人影や、気味の悪い動物の姿を見る様に感じる事があります。

これを【入眠時幻覚】といいます。

何より特徴的なものとして、典型的なナルコレプシーでは、

怒ったり笑ったり、
驚いたりした時に、

「体の力が抜けてしまいます」。

これを【情動脱力発作】といい、ほんの数秒で回復します。

膝や腰の力が抜けることが多いのですが、

●あごの力が抜けて「ろれつ」が回らなくなる人
●全身の力が抜けて床に崩れ落ちる人

もいます。

患者さんの血液検査をしてみると、ヒト白血球抗原の【DRB1*1501】と「DQB1*0602」が90%近く陽性なので、

【何らかの自己免疫機能が働いているのだろう】と考えられています。

また、犬の実験から、「オレキシンという神経伝達物質に異常がある」ことが分かっていますが、それ以上の詳細は充分には分かっていません。

治療には、

日中の眠気を覚ますために、モダフィニルなどの【中枢神経賦活剤】を用い、
脱力発作を予防するのには主に「三環系抗うつ薬」を用います。

ちなみに、ナルコレプシーの発症年齢は【10代から20代前半に集中】しています。

慢性疾患なので、気長に治療に取り組むことが必要になります。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ