生命の道の一つである、「胆道」は・・・。 | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

健康

 

肝臓から十二指腸につながる「胆道」の途中には、【胆嚢】という袋状の臓器がついています。
胆道は途中で「胆嚢管」に分岐し、胆嚢の袋につきあたります。

この袋には、「胆汁の一部」がためられます。

この胆嚢管の上流を【総肝管】、下流を「総胆管」と呼び、総胆管が十二指腸につながって口を開けている部分が、【十二指腸乳頭】と呼ばれます。

胆道の源流は、肝臓内部の細胞レベルの世界にあります。

それは【小葉間胆管】と呼ばれる非常に細い管で、これが肝細胞でつくられた胆汁を吸い上げていきます。

肝臓の細胞は、数十万個の単位で集まって「肝小葉」というグループをつくっていますが、その内部の細胞のすき間には、見えないくらいに細い静脈や動脈、そして小葉間胆管が張り巡らされています
そして肝細胞に栄養や仕事(物質)を供給したり、あるいは仕事の結果(物質)を回収したりしています。

こうした源流の管は、下流に向かうに連れて肝臓内で集結してしだいに太くなり、最後は大きな血管や胆管となって肝臓の外へ出て行きます。

肝臓は右葉と左葉に別れていますから、小葉間胆管は右葉と左葉でそれぞれ一本ずつに集まってから肝臓の外へ出て行き、一本となります。

肝臓内部の胆管は【肝内胆管】と呼ばれ、肝臓から出ている部分が「肝管」と呼ばれます。

肝臓の仕事は、細胞が利用する物質をつくったり、血液中の有毒物質を解毒したりする事です。

つまり、からだ全体が常に必要としている仕事をになっているわけですが、その媒体となるのが血液であり、その通り道が血管です

胆道というのは、【血管とは違うもう一つの物質の流通ルート】ですから、血管と同じように詰まってしまえば大変なことになります。

すぐに黄疸が現れ、生命の危険にさらされてしまいます。

胆道はそれほど大切な「生命の道」の一つなのです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ