「胆石症」で、気を付ける食事は・・・。 | 【一宮市本町の整体マッサージ】アトラス整体院

食事

 

胆石症は、ときには救急車で運ばれるほどの激しい痛みを伴う急性症状を現しますが、まったく症状のない「サイレント・ストーン」と呼ばれる胆石も少なくありません。

症状があったとしても、

上腹部の重苦しさや軽い痛み、
食欲不振

程度の軽いもので、とくに生活に支障のないケースも多くあります。

その場合、胆石を摘出したり流したりする治療は行われず、経過が観察される事になりますが、同様の生活を続けていれば、いずれ急性発作を起こす可能性は高くなります。

また、胆石のある人は胆嚢炎や胆管炎、さらに胆道がんの危険性が高くなりますから、症状が軽くても胆石を持っている人は、生活のなかで注意しなければなりません。

胆石の予防や治療について、最も大切なのは食事の摂り方です。

食事は規則正しく、暴飲暴食を控えましょう。

忙しい現代人は、朝食を抜いたり昼食を抜いたりという事があったりします。

ですが、食事の時間が開きすぎてのドカ食いは、胆石の出来やすい食べ方なので、注意しなければなりません。

胆嚢は、食事をした後で胃液が分泌されるなどの刺激を受けて収縮し、袋内にためた胆汁をしぼり出します。

そして、十二指腸へ送って消化を助けるわけですが、食事の時間が開くと、胆汁は長時間にわたって胆嚢内に留まることになり、その間に胆汁の水分や胆汁酸が失われていきます

そうなりますと胆汁成分の濃度が濃くなりすぎて、コレステロールなどの胆石の成分が結晶化しやすくなるのです。

規則正しく、腹八分目で食べる食生活を続けることは、すべての食養生の基本になります。

また、空腹時に濃いコーヒーや紅茶、日本茶を飲むとカフェインの影響で胃酸分泌が盛んになります。

甘いものの食べ過ぎや、脂っこい食事にも気をつけましょうね。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ