風邪を治しているのは、実は、風邪薬ではない!? | お顔のゆがみや花粉症対策なら【アトラス整体院】

せき

 

薬をつくる研究者の間では、

「風邪の根本治療薬が出来上がると、凄いことなる」

と語られているそうです。

なぜなら、風邪で病院に行きますと、せき止めや解熱剤、鼻水止めなどの薬を処方されますが、【その薬はいずれも風邪のいろいろな症状を抑えるためだけの薬】だからです。

このような対処方法を「対処療法」と呼びますが、決して風邪という病気を【根本から絶つ】ものではありません。

普通にいう風邪薬は「総合感冒薬」といい、【さまざまな症状に対応する薬を色々と混ぜてあるだけ】の事です。

研究者は、病原菌を研究するために育てて増やすこともありますが、

温度や湿度・栄養などを適切に保つと、細菌はもの凄い勢いで増殖する

そうです。

そのため、最初は試験管で育てていた菌を、1日ほどで牛乳びん位の容器に移すなど、【だんだんと大きな容器へと移動させながら】、育てていきます。

人間の体なかも、考え方によっては「栄養分がたっぷり詰まった培養装置」のようなものですので、風邪をひいてしまうと体内で瞬く間にウイルスが増え、人間の栄養分を全て使い尽くすまで増殖を続けてしまうかもしれません。

そして、鼻水止めや咳止めには、【風邪のウイルスを殺す能力はありません】。

仮に、「風邪の症状で抗生物質を処方されても」、風邪の原因のほとんどを占めるウイルスには、効果はないそうです。

こう見てみますと、風邪などをひこうものなら大惨事になりそうな感じがありますが、ほとんどのケースの風邪は何故か治ります。

これは、【人間の体にウイルスや病原菌を抑え込む力が備わっている】お陰なのです。

これが、

「病気に対する自然治癒力」

であり、人間が生まれながらに持っている病に打ち勝つ力なのです。

ちなみに、【ほとんどの疾患は、自然治癒力によって治る】と、唱えている学者さんもいらっしゃいます。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ