若い子がなる「若年性リウマチ」は!? | 【足のつり改善なら】アトラス整体院 

子ども

 

16歳以下でリウマチが発症した場合には、「若年性リウマチ」と呼ばれます。

別名「小児リウマチ」とも呼ばれますが、

①全身型
②多関節炎型
③乏関節炎型

の3つに大別されます。

このうち、①の全身型は、発見者の名前をとって「スティル病」とも呼ばれています。

この場合、特徴として【高熱】と【発疹】、【関節痛】などが伴います。

②の多関節炎型と③の乏関節炎型は、大人のリウマチとよく似ています。

若年性リウマチの患者は、「全国で5千人前後」とされています。

成長過程に病気がおこるために発育障害を招き、「低身長や下あごの形成不全などの症状を引き起こす」こともあります。

ですが、「メトトレキサートを含む大人用の抗リウマチ薬が積極的に使われるようにもなった」お陰で、かなりよい治療成績をあげているようです。

しかし、子どものスティル病と経過がよく似ている「成人スティル病」はとても珍しい病気なので、診断が遅くなり、【重症化することも少なくない】そうです。

 

===========================

【一宮市・稲沢市の整体】マッサージ師も通院するアトラス整体院

〒491-0859

一宮市本町3-5-6  本町ビル2F

JR東海道本線尾張一宮駅から徒歩5分

一宮市役所そば、南側の信号角地のビルにあります。


TEL 0586-73-1919
「ホームページを見て・・・」とお電話下さい。

定休日  毎週日曜日

予約優先制

営業時間
月~金曜日:9:30~20:30
土曜・祝日:9:30~20:00


フェイスブックページ→https://www.facebook.com/138rakuraku

口コミサイト→http://www.ekiten.jp/shop_878884/

過去のブログ一覧→http://138rakuraku.com/blog/


===========================

コメントを残す

このページの先頭へ